ページ

2008年10月31日金曜日

アーリマン 死の宣告

昨日ついにアンプ修理の見積を告げる電話がかかってきました。

まず前置きに、、、、。
・パワー管が1本完全死亡。
・その他のチューブも瀕死状態。
・パワー管のソケットも異常。
・その他諸々(専門知識が無いので聞いてもわからなかった)

とにかく相当ひどい状態だったらしい。
どうやら購入時にすでにされていたバイアス調整がとんでもない状態だったらしく、
パワー管に相当たくさん電流が流れていたとか。

ガッデム。

そのままの状態でよくまぁ音が出ていたもんだ。

そんでいろいろ修理する項目を列挙された挙句に出てきた見積金額とは。。。。


約55,000円





(細かい端数
もあったが最初の5万という一言に動揺して忘れてしまった。。。)

おいおい。。。
最初の話と違うじゃないの。
3万とか4万って聞いてたのにさ~。。。。

でも、そんなにひどい状態でそのままにもしておけないし、
少なくとも今の状態よりかなりよくなることは間違いないので泣く泣く作業を依頼。

そのときの情けないやり取りの一部。

店員「作業は明日には終わりますが、やりますか?」

自分「あの、カードで分割払いってできますか?」

店員「すいません、修理代金は一括のみなんです。」

自分「あ、そうですか。。。カードも使えないんですか?」

店員「そうですね。修理は現金のみなんですよ。。。」

自分「あ~~~~~~~~~~。。。。。。。」

店員「。。。」

自分「じゃぁ。。。。お願いします。。。。」

店員「はい。では都合のいい時に取りに来てくださいね。」

自分「はい。。。よろしくお願いします。」




俺の懐も温暖化してほしいです。

0 件のコメント: