ページ

2016年2月11日木曜日

コイルの断線

先日(といっても3か月経ちましたが)、入手したASAT(新しいほう)について。

音が非常に元気です。PUを交換した先住のASATよりも。
ただ、、、、

凄いハウるしノイズが大盛。

それほど大きい音を出さない(歪も控えめの)状態だと全然気になりません。

でも大きい音出したいし。歪ませたいし。

これは「もしかして使い物にならないのかも」って気がして、配線廻りを見てみましたが、特別異常は無し。

今まで使ってきた古いASATと見比べると、キャビティー内に銅板があるかないかというところと、配線の通り道が表面からざっくりザグられているところ、PGがアルミ製か否かってところです。

それだけでこの差はないでしょと思いましたが、製造された年式で特徴が変わるのはまぁあることだと思うんで目をつぶってきました。

でも、この間PUカバーを交換しまして(白は気に入らなくて)。

PUカバー単体では日本国内で販売している代理店すらない状況の中、アメリカのG&L Onlineショップで買いました。(ちょっとドキドキしました)

発注から2週間くらいでそれが届きまして、さっそく交換となるわけですが、交換してみると、、、

「あれ、リアPUのコイルが緩々?」

こんなの見たことなかったです。

調べてみるとコイルのゆるみとかは結構ノイズやハウリングの原因になるみたいです。

というわけで、緩んでいる原因を探るために、慎重にコイルをたどってみました。

「え?切れてる?」

配線につながる部分の間近で切れてました。

これなら巻きを一回りほどいてつなぎなおせばいいかと思ったんですが、どうも緩んでいるところの原因とは違うっぽくて、逆側の配線につながる銅線も切れてました。


(あの毛じゃありません。)

最悪だ。

今まで音が鳴ってたのは何だったのか。

ちなみにこの切れたのを明らかにしてからもう一度音を鳴らしてみると、すごい貧弱な音になってました。

今までぎりぎりのところで音が出ていたのかも。

もうこんなあちこちで切れているとなると、自分でどうこうできません。

修理する気も起きません。

銅線めっちゃ細いし。

ただ、ASATのリプレイスPUは海外でしかほぼ手に入らないから、買おうかとも思ったんですが、送料が高い。

ちょっと今はそこに踏み切れません。

てなわけで、先住のASATにもともとついていたPUを新入りのASATに移植しました。

PUをそれぞれ見比べてみると、ガワは一緒っぽいですが、コイルの巻き数が全然違います。


上が先住のもの(80年代)、下は新入りのもの(90年代)。

パワーがあると感じるのはこの辺も影響してるのかもしれません。

で、付け替えました。


明らかにリアのPUは年季がありますね。

まだ大きい音を出していないので前までついていたPUとどれほどパワー差があるかわかりませんが、これでハウリングやノイズが少し減ればいいかなぁ。


ってな感じです。

金銭的に余裕が出来たらまた海外からPUを取り寄せるかもしれません。


2016年1月21日木曜日

幸せもん

今日はとあるライブに行ってきました。

興奮に次ぐ興奮、興奮が全く収まらないのですが。

And so I wach you from afar というバンドが初めて来日し、東京は新代田FEVERでライブをやってくれました。(大阪・名古屋に続き東京:新代田はファイナル。)

ついに。

日本に。

やっと来てくれました。

なんでこのバンドを知ったのかっていうのは何年前だか、もうずいぶん前だと思うんですが、1st発売したときにタワレコで視聴できて、「なんだこれ!?」となったわけで。

CD買って毎日毎日聞いてました。
バンドのSEにもしました。

聞けば聞くほどのめり込んでいって、日本ではなかなか輸入盤もCDショップでは手に入らないくらいの(悪く言えば)そんなに知られていないバンドなんですが、アマゾンで新作を見つけては買い、聞き、「日本に来ることなんてあるのかな」なんてちょっと諦めてました。

でも来ました。来てくれました。

LITEのツアーゲストとして。

1月20日。

新代田FEVERで生のライブを観ることができました。

幸せでした。

インストなのに歌ってるバンド、そうそう見れません。

俺はそうそう知りません。


曲が流れるたびに、音が鳴るたびに吹き飛ばされるような高揚感。


最高でした。

幸せもんだなぁって思いました。


本当に最高でした。
一緒に取った写真は宝物です。



2015年12月16日水曜日

よう兄弟



こんにちは。

年の瀬ですね。

あっという間です。毎年毎年、本当に。


最近、家で使っていないギターを手放しました。

少しでも弾いてもらえたほうがきっと幸せだからね。と自分に言い聞かせながら。


で、その代わりに新しい仲間が加わりました。(写真右)

俗に言う「下取り」ってやつです。


G&L ASAT の今持っているやつ(写真左)の年式&色違い。

つくづくこのギターが好きなんだなぁと思いました。


楽器屋の店主からは「このギター、人気無いんですよ」ときっぱり言われました。


先日対バンしたバンドのギターの方は...

「あのギターどこのメーカーですか?」

「G&L?聞いたこと無い。」


はて?あまり有名じゃないんでしょうかね?ベースのほうが有名だからかな?


何故か。

何故でしょう。

俺は好きです。



やっぱりいい(個人的に好みな)音します。

白はちょっとサワヤカであまり似合ってないかもしれませんけど、パワーは新しいヤツのほうがある気がします。

PUの高さも関係していそうだけど。(ハウりやすいし。)


ちょこちょこ使っていきます。


2015年11月24日火曜日

日常と非日常の狭間

ご無沙汰でございます。

昨日はウルエでつくばPARKDINERのイベントに出演させていただきました。

楽しかったなぁ。


ライブはおよそ8ヶ月ぶりだったわけですが、その間、個人としては他のバンドでスタジオにも入ったり、アコースティックギターの練習をのんびりやって過ごしてまいりました。
(恥ずかしながら、ライブでは8ヶ月のブランクを存分に感じて頂けたと思います)

8ヶ月で色んな事考えて、色んな経験もして得るものも多くて、それはそれぞれのバンドに少しずつ活かせている実感もボンヤリとあるのですが、それよりも何か今までと違う非日常感というか、離れていた気持ちを感じました。

元々月に何本もライブやってたわけでもないからそんな感覚を感じるのもなんか変な話ですけど、久しぶりということもあって妙な緊張感と、こうしてステージで演奏してる時間って普段の日常とは遠くかけ離れた特別なことなんだな、と寂しくもあるような、、、なんかうまく言えませんね。(笑)

もちろん今までにやってきたライブも一つ一つ思いがあってやってきたことですけど、今回は何か今まで思い感じてきたものとは違ったってことです。



とりあえず今は、、、、、


身体が痛いです。

あと、少し無気力状態です。

2015年10月20日火曜日

どうでもどうにでも

一つ一つ年月日が過ぎてって、周りを見てみて変わってたり、変わってなかったり。

変わってないようで、実は知らないところで変わっていたり。

年を食う割に一人取り残されているような感覚になったり。


どうでもいいことと思ってる事のほうが、本当は生きる上で大事なことだったり。

自分では大切にしていると思っていることのほうが辞めることが簡単だったり。

でも辞められないのは単純に弱いからなのかもしれないとか。


たくさん生きて時間と金と迷惑をかけて積んできた人生があるのに、

そんなこと考えていつまで経っても子供みたい。




どうでも、どうにでもなることだけど、それがもし間違っていたとしても

自分にできることとこれから出来るようになろうとする意識は忘れないでいようと思う。





今日は久しぶりに思い切り弾けた。

頭の中は少しモヤモヤしてたけど、何故かこわばって鼻水が出る出る。



自分がここに居るなぁって、感じた。