ページ

2009年7月1日水曜日

人と物欲

ここのところ色々やりたいことがあって(ギターのことね)

足元の小さな小箱(エフェクター)やらなにやらを買い漁ってます。
かといってそんなたくさんあれこれ買ってはいないけど。

基本的に足元にあれこれ置くのは好きじゃない。

はずだったのだけれど気がついたら足元にはスイッチが大量に。。。

発狂しそうになります。

エフェクターボードはこれ以上大きくしたくないので、つなぎ順やら配置やら毎晩試行錯誤してます。

めんどくせー。
でも結構楽しんでます。

いろんな配置を考えるはいいけど、そのときどうしても行き詰るのがパッチケーブルで、なかなかベストな長さのものが手元にないんですわ。

先日作ったケーブルもあるにはあるけど、絶対的な本数が足りなかったり。。。

あーめんどくせー。
でも結構楽しんでます。

そんな中、昨日例のものが届きました。

例のものとはプラグです。
シールドの先っちょですね。

スイッチクラフトのプラグは先日にも述べたように糞高いので、たくさん作りたい自分には予算オーバー。

というわけで今回は練習作ってこともあるし、いろんな長さのものをたくさん作りたかったのでサウンドハウスで買える「CLASSIC PRO」ってブランドのプラグを買ってみました。

なんと一個80円(ストレートもL字も同じだと思う)。
ってか、プラグなんてホントの値段はこんなもんじゃないの?スイッチクラフト社さん?
(わかってる人からすれば怒られるんだろうけど)

届いた現物を見てみると、まーーー安っぽいこと。
でも使えりゃいいんです。
この安っぽさを目の当たりにしても450円と80円ほどの差は見た目では感じないし。

ま、後は作ってみてどれほどの違いがあるかだね。


あーーーめんどくせー。

0 件のコメント: